next life work・・・・


洋太郎のレトロフューチャー ep3
http://atorie2.minaduki622.com/
 
<< 造形絵画の模索 | main | 太一と焼肉 >>
絵画産能日

六日間の自由制作は自分の方向性が
間違いではなかったということが確認できました。

ムサビ校舎内で開催していた「絵の力」展の
中で小林正人さんの作品は方法論を模索している
自分にはすごく勉強になるものだった。
思いが絵にさせるということを。

今回担当講師をして頂いた伊藤先生とは
大月にある「ギャラリー民」繋がりで、
またお会いすることがありましたらいろいろと
お話をして頂けたらと思います。
今回は親身に助言を頂きとても
有難うございました。


【2009.08.22 Saturday 22:30】 author : 洋太郎
| スクーリング2009 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
絵画擦任蓮⇔戮離ラスでしたが、点描についてお話させていただいたmokoです。(内海さんの青山スパイラルでの展示とか)
K君のブログから、こちらに来ました。
keikoさんやワカチャンともお友達付き合いをさせていただいています。
私もヤフーブログを書いておりますので、お時間ありましたら、遊びにいらしてくださいね♪
卒制、頑張りましょう!!
| moko☆ | 2009/09/01 9:13 PM |
<moko☆さん

夏スクではお世話になりました。
点描について語れる数少ない機会でしたね。

ブログ遊びに行ったら、卒制もう始めているのですか!!。
お互い方法論で行き詰まりやすいと思いますので
がんばりましょうね。
| 洋太郎 | 2009/09/02 1:53 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://atorie.minaduki622.com/trackback/1362921
トラックバック